<   2011年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧
都知事発言で思うところ
石原都知事が、先日蓮舫行政刷新担当大臣とのやりとりで『津波をうまく利用して
『我欲』を洗い落とす必要がある。これはやっぱり天罰』と話したとありました。

これ自体は、被災者の方々のことを考えれば不謹慎だと思います。

ただ、石原都知事の心情も、私には理解できるものがあるのもまた事実でした。


実際に、

・通勤電車で人に当たり前のように寄りかかる人。
・体を頑なにぶつけて来る人。
・今回のように、商品を買いだめする人。
・携帯の料金を払うために、給食費を払わない人。
・不法投棄をする人。
・オレオレ詐欺などの犯罪を起こす人。


すべて、根底には『自分さえよければ』と言った心情がうかがい知れます。
石原都知事の言うところの『我欲』だと思います。

ただ、言い方及びタイミングはいただけなかったと思います。

あの現地での惨状を見れば、何も言えません。
あの様な立場の人が言うべきではないでしょう。

税金等の話をするのであれば、別の機会もあったはずです。
感情が先走ってしまったのだなと感じました。


話は変わりますが、ここ最近世界各地で起こっている天災は、神様や地球の怒りとも
取れなくないと思います。


そういった意味では、いつ私自身が当事者となってもおかしくはないと考えています。
今回は、たまたま難を逃れただけの事ではないかと、考えさせられます。


旧約聖書のソドムとゴモラでは無いですが、現在の社会は人の心が退廃しているように
感じることが多々あります。

私自身、偉そうなことは言えません。

せめて、有事の際には家族と共にありたいと、今回のような事があると思います。
[PR]
by kenji-kkk1964 | 2011-03-17 00:09 | @ひとり言 | Trackback | Comments(0)
福島第一原子力発電所事故について
本日、テレビ朝日にて『そうだったのか!池上彰の学べるニュース 3時間スペシャル 』
が放送されました。

何時見ても、池上さんの番組は分かりやすくて良いです。

今回も、この番組のおかげで、福島原発の事故のNEWSがとても理解しやすくなりました。

何も知らずにNWESを見ていると、マスコミのあおりに不安ばかりが募ってしまい、
本筋を見誤ることにもなりかねないため、冷静に見ることができそうです。

まず、池上さんの番組を見ていて判ったのは、福島の原発は核分裂によって起こる
発熱を利用して、水分を蒸気に変えその風力によってタービンを回し発電を起こす
仕組みになっているという事。

核分裂は制御棒が中性子を吸収することによって、必要以上の核分裂が起きないように
抑制されている事。

高圧力の容器内で行われているため、水分の蒸発は100℃ではなく、沸点はより高温に
設定されている事。

現在の第一原発は、核分裂自体は止まっているが、発生した熱が冷ませずにいる事。


放射性物質・放射線・放射能の違いと、放射線は距離の自乗に反比例する事が分かりました。

放射性物質は蛍に例えられ、放射線(蛍の光)を発生する物質であり、放射線を発生する
能力のことを放射能と言っているとの事。

放射能という形容自体が、実際には好ましいものではないと言うことが分かりました。

色々な放射線が人体に害を及ぼす単位をひっくるめてシーベルトとして表し、マイクロ
シーベルトはミリシーベルトの1000分の1であり、単位がマイクロである限りは人体に
対する影響は驚異にはならないとの事でした。

また、今回のNEWSで使われている『被曝』と言う言葉と、原爆などで使われる『被爆』とは
異なる物である事。

今回使われている『被曝』とは、放射能にさらされるという意味で、爆発による『被爆』とは
違うという事。

『除染』とは、石鹸で洗ったりして汚染物質を落とす事との事。

ただし、汚染物質を体内に吸い込むととんでも無いことになるため、窓を閉めて屋内に
退避することは放射線を回避する点では有用との事。

放射線は、紙一枚で防げるものからコンクリート等でないと防げないものまで色々あるので
まずは、放射性物質を吸い込む事のないように窓を閉め屋内に退避することを案内している
のだと言うことがわかりました。

また、放射線の強さは距離の自乗に反比例するということで、10kmから20kmへ退避
距離を伸ばすことによって、強さは1/4になるということが分かりました。

こうやって見ると知らないことが如何に多いかということが分かりました。

現地で作業をしている技術者たちは必死でしょうから、早く収まってくれる
ことを祈るのみです。

もしも、メルダウン等をおこしたら、農産物以外に海洋生物にも影響が出ると思います。

三陸海岸や近海で捕れるお魚も食べれなくなっちゃうしで、自給率の低い日本にとっては
大打撃だと思います。

本当に、頑張って下さいとしか言えないのが、歯がゆいです。


このような事があるといつも考えてしまうのですが、原子力は人間が触れてはいけない
領域ではなかったのかと・・・。

ただ、原子力に変わる高効率なエネルギーは無く、且つ島国であるため設置できる場所も
限られており、インフラが整っているので利用する電気量は多いと言う、なんとジレンマ
の大きな国なんだろうと思ってしまいます。

あ、それと最後に今回の計画停電も、東日本と西日本とで交流の周波数が異なることも
関係していると言うことが分かりました。

この周波数の違いは、最初に発電機を導入した際に、アメリカ製とドイツ製を購入した
事が原因だとか・・・。

なんて、無駄が多いのだろうと思います。

世界から見れば、ちっぽけな島国なのにね。
でも、今更規格を統一することは、難しいと思いますし、本当に無駄が多いですね。


原発に関する大前研一さんの記事
YouTube
[PR]
by kenji-kkk1964 | 2011-03-16 23:09 | @ひとり言 | Trackback | Comments(0)
今回の地震と計画停電による被害
今回の東北地方太平洋沖地震、金曜日に職場で遭遇しました。

今までに感じたことのない大きな揺れで、びっくりしましたが職場のある目黒区では
眼に見える被害もなく、タワー駐車場に停めていた車が無事か心配する程度でした。

ただ、時間経過と共に徐々に被害状況が判明していき、職場も急遽就業時間を繰り上げて
帰宅指示が出されました。

電車は止まっているということでしたので、帰る方向の同じ同僚を3名乗せて
帰宅しましたが、思いの外道路が混んでいて裏道を走りまくりました。

特に、中原街道は最悪で全く動く様子がありませんでした。
一旦、Uターンをして裏道に迂回し環8から第三京浜へ、多摩川沿いに海岸方面は
何やら火の手が上がっているような明るさで、尋常でない感覚を覚えました。

実際、普段よりも歩行者も多く、あとでNEWSを見て多くの人が徒歩で帰宅して
いた事が分かりました。

高速を降りて、コンビニに入ると既に棚はカラッポでした。

その後も、横浜市内及び町田市内で所々で停電となっており、信号機も消灯状態で
警察官のいるところはまだ良いのですが、いないところは無法地帯で帰宅後『よく
事故に合わずに済んだなぁ』とほっと致しました。

実家が停電のようだったので、安否確認のために様子を見に行きました。
両親は元気そうで安心しましたが、停電時には携帯電話の交換機もダウンしているのか
分かりませんが、回線の混雑以外にも繋がらない要因があるように感じました。

翌日は、さしたる混乱はありませんでしたが、NEWSによって震源地の甚大な
被害状況がわかり、心が締め付けられる思いでした。

日曜日には、会社の入っているビルの有料駐車場が吊り下げ式のロータリー駐車場で、
地震により外壁の一部が崩れて、車体が埃だらけだったので洗車に行きましたが、
ガソリンスタンドが長蛇の列でかなり驚きました。

※ガソリンスタンドの混乱状況は、本日も継続されていました。
※完売休業のお店も多々見受けられました。

そして、本日14日に朝6:20分のバスに乗り、駅に向かいました。

道路も、早い時間でいつもは車もあまり通っていない時間にも関わらず、
その日はかなり混んでいて若干違和感を感じました。

小田急線の駅前でも、何となく違和感を感じたので、良くよく目を凝らしてみると、
壁に大きな張り紙がしてあり、駅へ降りる階段に駅員が3名仁王立ちし、威圧的な
印象でした。

実際に、階段を下りようととした人の前に立ちはだかり、押し返すようにしていました。

そして、拡声器で『本日は新宿~経堂間のみの運行』で、横浜線も動いていないとの事。
計画停電に対して、鉄道各社が無言の抗議を行っていると判断。

結局泣くのは一般市民なんだと思い、仕方なく家に帰りました。

東電が電力を確保したいと言うのも判るし、鉄道各社が安全を考慮しなければと
言う考えもわかりますが、その結果市民生活が脅かされている現実も判って欲しい
と思います。

3月は決算期で仕事はかなり忙しく、顧客へ送る見積書も多々残っていたので、
朝早く出社しようとしたのに、本当に災難です。

妻の母が、都内にある親戚の家から帰れない状況のため、迎えに行きましたが
その道程も、交通機関の影響から渋滞がかなりひどく、とんでもない状況でした。

また、駅ビル等も営業はもちろんしていませんし、その他の商業施設も従業員が
出勤できないため、休業状態で食事もできない状況でした。

何とか地元まで戻ってきて、食事ができましたが、入ったお店も14:45分までで、
用意できるメニューも決まってしまっているとのことでした。

このままの状況が継続されるようなら、デフレが今以上に進行することは明白ですし、
何より今の雇用形態の殆どが正規雇用ではないと言う現状において、非正規社員の
方々の生活保障がされない場合、もう考えたくない最悪の状況が想定されます。

日本経済は何十年も後退することになり、回復は不可能になりかねないのでは
無いでしょうか?

この辺の事も、マスコミや政府はもっと考えて頂きたいと、切に感じる次第です。
[PR]
by kenji-kkk1964 | 2011-03-14 23:03 | @ひとり言 | Trackback | Comments(2)
  

うーん、日記?
by kenji-kkk1964
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
当ブログについて
当ブログは、基本シールオンラインを主軸とし、MHP等のPLAY日記や取り留めのない日常を綴った内容となっております。

コメント及びトラックバックですが、スパムが多いためURLは組み込めません。

その点、ご留意ください。


基本、リンクはフリーです。
検索
オーネットとは
最新のトラックバック
「ALWAYS 続・三丁..
from soramove
ALWAYS 三丁目の夕日
from 映画や本を淡々と語る
ねこなべ
from ねこなべ
ブログジャンル
日々の出来事
ゲーム
画像一覧